ビーファットの気をつけたい副作用

2019年08月25日
測定用メジャーでお腹を計る女性

ビーファットといっても、何かわかる人もそれほど多くないでしょう。
しかし、ゼニカルという薬の名前を聞いたことがあるかもしれません。
ゼニカルというのは、ダイエット薬の一つであり、服用することで、オーリスタットという成分が脂肪の分解酵素であるリパーゼに働き、腸での脂肪分や脂質の吸収を阻害する働きがある薬なのです。
つまり、油を摂取しても、体に吸収されることなく、一部を体外に排出してくれるというわけです。

ゼニカルというのは先発医薬品であり、この薬のジェネリックが世界的も多く出回っているのです。
ジェネリックのよいところは、同じ成分で同様の効果が期待できながら、かなり安価で入手することができるのです。
ビーファットもその中の一つになります。

日本国内では、ビーファットなどの医薬品は医師による処方が必要ですが、そのほかにも海外からの通販でも手に入れることができます。
通販では、受診の必要もないため、手間とお金が抑えられます。
最近はいろいろな通販サイトで紹介されているので、便利です。

気になる副作用ですが、脂肪の吸収を抑えるということで、同様に脂溶性のビタミンの摂取も抑えられてしまいます。
ですから、肌荒れになってしまったりすることもあるのです。
そこで、野菜や果物を多めに摂るように心がけたり、マルチビタミンを一緒に服用するなどの工夫が必要になります。
健康を害するような重大な事例もないので、安心して服用できます。
便が緩くなったり、おならが出たりすることもありますが、それほど気になるほどではありません。
しかし、油が目に見える形で排出されるので、下着などを汚さないようにナプキンをするなど、注意する必要があるのです。

記事一覧
日本痩身医学協会も認めるエクササイズとビーファット

今までは肥満と言えば巨体を持った外国人のようなイメージがありましたが、日本国内でも年々肥満症の人が増えています。中年層を中心に子供から高齢者まで幅広い年代で太りすぎの傾向があり、日本痩身医学協会も注意を呼び掛けています。肥満になると、今は普通に生活ができていても将来的に糖尿病や高血圧などの生活習慣病

2019年11月13日
ビーファットの購入方法

ビーファットというのは、ゼニカルという先発品のダイエット薬のジェネリック医薬品です。ゼニカルという薬は、世界的に最も有名といっても過言ではないような脂肪の吸収を抑制する薬であり、その効果は立証されていて、アメリカのFDAでも認可されているくらいの信頼度が高いものなのです。ジェネリックと先発品の違いは

2019年10月13日
ビーファットがゼニカルより安価な理由

肥満治療薬には、ゼニカルやビーファットという医薬品があります。ビーファットは、ダイエット医薬品としてよく知られているゼニカルのジェネリック医薬品になります。成分としては、オーリスタットが配合されていて、食事中や食前に服用を行うことによって、体内に吸収される脂肪のうちの30%を排出することができます。

2019年09月11日
ビーファットの気をつけたい副作用

ビーファットといっても、何かわかる人もそれほど多くないでしょう。しかし、ゼニカルという薬の名前を聞いたことがあるかもしれません。ゼニカルというのは、ダイエット薬の一つであり、服用することで、オーリスタットという成分が脂肪の分解酵素であるリパーゼに働き、腸での脂肪分や脂質の吸収を阻害する働きがある薬な

2019年08月25日
ビーファットを飲むだけで痩せる理由

ビーファットはアメリカの食品医薬品局において、世界の売上ランキングの上位に位置づけられているダイエット医薬品です。食べても太らないと言われている、肥満治療薬であるゼニカルのジェネリック医薬品に該当します。ビーファットには、主成分としてオールスタットという成分が配合されています。オーリスタットは人間の

2019年08月06日